この記事を書いた人:ケイタ

その他

「チャンピオン」「ニンジャ」「メンター」「サポーター」とは何ですか?

CoderDOjoで使うそれぞれの役割の名称です。

チャンピオンとは
各CoderDojoの主催者のことです。
必ずしもプログラミングの専門家ではありませんし、他のメンターたちよりもプログラムに詳しいとは限りません。
CoderDojoのチャンピオンに必要なのは、子ども達にプログラミングを教えたいという意欲と情熱です。
なので、プログラミングが全くできないチャンピオンもいます。

ニンジャとは
CoderDojoに参加する子ども達のことです。
なぜ子ども達のことをニンジャと呼ぶのでしょうか?それは私にもわかりません。いかにも海外が発祥のような感じがします。ただ英語圏ではニンジャにエキスパートやスーパープログラマーの意味があるそうです。その辺からでしょうか?

メンターとは
ニンジャ(子ども)たちと一緒にプログラミングをする大人のことです。
Mentor (メンター)とは、英語で「指導者」という意味ですが、CoderDojoではニンジャたちにプログラミングを教える先生ではありません。一緒にプログラミングを勉強する仲間です。
メンターもわからない時は「じゃあ、googleでやり方を調べて見ようかー」と言います。
中学生や高校生で、年下のニンジャたちに教えるジュニアメンターというのもあります。

サポーターとは
運営や広報、WEBサイトの更新、写真撮影など、ニンジャ(子ども)たちとプログラミングをする以外のサポートをする大人です。
個人的には「プログラミングはできないので、サポーターをやります」という人はメンターになっちゃえばいいのにと思います。