この記事を書いた人:マナ

できること

CoderDojoとなみでできること 2『ScratchJr(スクラッチジュニア)』

ScratchJr(スクラッチジュニア)とは?

ScratchJrは、年長から小学校低学年(5~7歳)向けに作られた、プログラミングのアプリです。 iPad・Androidのタブレットで使うことができます。
プログラミングブロックを組み合わせてキャラクターを動かすことができるのはScratchと同じです。無料でダウンロードできるので、お家でお父さんお母さんと取り組んでいる子もたくさんいます。

ScratchJrでどんなことができるの?

幼児向けながら、かなり本格的なプログラミングが楽しめるScratchJr。ゲームを作ったり、動く絵本を作ったりできます。

また、ScratchJrの公式サイトには、お手本のプロジェクトも掲載されています。何を作ったらいいかわからないという方でも、こちらを参考にすると色々なプロジェクトを作ることができますよ。

タブレットさえ触れれば使える!

ScratchJrは、超入門プログラミング言語です。Scratchと違ってタブレットで操作するので、キーボード入力やマウス操作ができない子でも使うことができます。ブロックの意味を理解して組み合わせることができれば大丈夫です。

ScratchJrはかなり感覚的に操作できるので、特別な説明書などがなくても使うことができます。ただ、子どもに教えるのが難しい場合や、プロジェクトを色々見てみたい方のために参考書も販売されています。参考書はかなりとても易しい言葉で書いてあるので、小さな子でも読めます。

ScratchJrのここがいい!

なんといっても分かりやすい!そして、意外と奥が深いので大人も一緒に楽しめます。プログラミングブロックを組み合わせるだけではなく、自分でパーツを描いてみたり、録音した声や撮った写真を使うこともできます。

ScratchJrはタブレットがあれば使えるので、タブレット端末をお持ちの方は無料でアプリをダウンロードしてあげられます。小学校低学年でまだマイパソコンを買ってあげるのは早いかな~と思われる方には、気軽に使えるのでおすすめです。

CoderDojoとなみでできるScratchJr

CoderDojoとなみでは、ScratchJrをタブレットに入れています。ニンジャはもちろん、一緒に来た小さな弟や妹でも使えるので、みんなで楽しく遊んでください。