この記事を書いた人:ケイタ

Scratch

CoderDojoとなみ オリエンテーション用ゲーム『Scratchテニス』を作りました!(ゲーム及び資料は自由に利用してOK)

CoderDojoとなみでは、プログラミング初心者の子どもを対象にスクラッチでゲームをつくるオリエンテーションを行っています。
今回は、そのオリエンテーションでつくるゲームを紹介いたします。

CoderDojoとなみ オリエンテーション用ゲーム『Scratchテニス』

CoderDojoとなみ オリエンテーション用ゲーム『Scratchテニス』

https://scratch.mit.edu/projects/459892722/

右と左でボールを打ち返すして、どちらかが拾えなかったら負けというシンプルなゲームです。スクラッチを初めて触るような子でも作れるように、できる限り簡単なゲームにしました。

操作方法は簡単で、右プレーヤーは↑↓キーでパドルを上下させます。左プレーヤーはAとZキーでパドルを上下させます。あとは来るボールを落とさないように跳ね返すだけです。

しかし、やってみると結構盛り上がるんです。このゲーム2人で対戦できるんですが、やっぱり対戦って単純なゲームでも白熱します。

オリエンテーション用のスライド

スライド(PDF)をダウンロードする

オリエンテーションで使うスライドです。この通りに作っていけば、ゲームを完成させることができます。

このスライドはダウンロードして使ってもらっても、改変・翻案などしていただいてもよいです。coderdojoとなみに、報告する必要もありません。

ゲームの発展形も作りました

発展系❶

CoderDojoとなみ 発展1『Scratchテニス』

https://scratch.mit.edu/projects/467082652/

スライドの後半で作り方を紹介している発展1です。

パドルに当たった時の音と、左右のプレーヤーのパドルの色、そして得点制にして10点先取で勝ちになるようにしています。

発展系❷

https://scratch.mit.edu/projects/460004804/

https://scratch.mit.edu/projects/460004804/

スライドの一番最後で紹介している発展2です。

作り方まではスライドに入っていませんが、いろいろと手を加えています。
パドルが上下だけでなく、前後にも動けるようにしたのでネットプレイが可能になりました。その他、最初のボールの発射方向をランダムにしたりしています。

ゲームのリミックスやスライドの使用について

このゲームは、ゲーム自体のリミックス(スクラッチでプログラムを複製して使うこと)はもちろん、オリエンテーション用のスライドもそのまま使っても、改変・翻案することもOKです。自由に使ってもらって構いません。

つたない技術で作ったゲームですが、CoderDojo及びオープンソースの理念の元に、少しでも誰かの役に立てば幸いです。