この記事を書いた人:ケイタ

できること

CoderDojoとなみでできること 3『Raspberry Pi(ラズベリーパイ)』

Raspberry Piとは?

Raspberry Piとは、イギリスのラズベリーパイ財団によって開発されたシングルボードコンピュータです。日本語ではラズパイと呼ばれて親しまれています。
プログラミング教育で利用されることも想定して作られており、安価に入手できることもあり、子ども用のパソコンとして人気があります。

普通のパソコンのように、キーボードやマウスなどを接続するためのUSB、モニターを接続するHDMI、オーディオ出力、インターネットへ接続するためのLANやWi-Fi、無線通信のためのBluetoothなども備えています。

本体自体は7,000円ほどで手に入ります。その他に電源アダプター、microSDカード、ケース、モニターなどを揃えると、20,000円くらいにはなってしまうでしょうか。激安に抑えれば、15,000円くらいで揃えることもできなくはありません。

OS(オペレーティングシステム)はLinux系のものを使用します。OSとはWindowsやmacOSにあたるものです。普通の人にはあまり馴染みのないOSですが、WEBサイトなどを置いておくサーバでは一般的なOSです。Raspberry Pi用のLinuxのOSはWindowsなどと違い軽いため、マシンパワーが劣るRaspberry Piには最適なOSなのです。

Raspberry Piでできること

Raspberry Piは基本的にはパソコンなので、いろいろなことができます。普通のパソコンのように使えばWEBブラウザでインターネットを見ることもできるし、Scratchなどのプログラミング学習、マインクラフトのようなゲームをすることもできます。

また小型なので電子工作のベースとして、さまざまなものに組み込んでプログラミングで制御させたりすることもできます。

世界中の人が、Raspberry Piを使ったプロジェクトを公開しているので、そういうものを参考にして、自分のやりたいことを考えてみてはどうでしょうか?

CoderDojoとなみでRaspberry Piをやる!

CoderDojoとなみではパソコンのようにRaspberry Piを使って、Scratchなどでプログラミングの勉強ができます。micro:bitと組み合わせて使うこともできます。発想次第でいろいろなことが可能です。

また、自分でRaspberry Piを買ったけど組み立てや、OSのインストールなどでつまづいていれば、一緒にセッティングなどの方法を考えますので、ご相談ください。