この記事を書いた人:ケイタ

できること

CoderDojoとなみでできること 4『micro:bit(マイクロビット)』

micro:bitとは?

micro:bit(マイクロビット)は、BBC(British Broadcasting Corporation)を中心に開発した、プログラミング教育用のコンピューターボードのことです。BBCとはイギリスの公共放送局「英国放送協会」のことで、日本で言うならばNHKのようなものです。

イギリスでは2016年に、子ども(11歳~12歳)約100万人に無償で配布され、学校でのプログラミング教育に活用されています。日本でもWDLC(ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム)が小学校などに合計2,000個を無償提供するなど普及が広がっています。

micro:bitの機能

基板の表面には、赤色のLEDが5×5(合計25個)があり、文字やアイコンなどを表示することができます。左右にはAボタンとBボタンが設置されていて、入力をすることができます。下には入出力の端子と、外部に電源を供給する端子があります。裏面には加速度センサー・地磁気センサーなどがついています。

最近(2020年)発売されたmicro:bit v2には、それらに加えてスピーカーとマイクが追加されました。またロゴ部分にはタッチ検出機能がつきました。その他にもいろいろとバージョンアップがされているようです。(この記事を書いている時点ではまだ手元にありません……)

他にもさまざまの拡張モジュール(別売)があります。例えば超音波距離センサーモジュール、明るさセンサーモジュール、衝撃センサーモジュールなどがありmicro:bitに繋いで機能を拡張させることができます。

CoderDojoとなみでmicro:bitをやる!

CoderDojoとなみでは、micro:bitの基本を学ぶことができます。プログラミングでLEDを点灯させたり、簡単なゲームを作ったりすることができます。

micro:bitを使う場合にはパソコンへの接続が必要になりますので、パソコンをご持参ください。